i-construction

起工測量

i-constructionは、全て3次元での位置座標が基準となり、データの取得において、現場の基準点や標定点をトータルステーションや、GNSSで設置することが必須となります(現場条件と必要なシステムを考慮し使い分けて設置します)。

UAV(ドローン)や3Dレーザースキャナーを用いて、現場の地形を短時間で計測し大量に点群データを取得します(現場条件に応じて使い分けて使用します)。

画像処理・解析・3次元設計データ作成

画像解析よりオルソフォト(撮影写真をつないで幾何補正をした画像)、点群データ、DSM(隔格子メッシュの標高値データ)、3次元モデル(CAD、PDF等)を出力データとして取得します。

3次元計測データを基に設計面との切り盛り土量をヒートマップ表示することで可視化でき、対比することで正確な土量の見積りが算出できます。

3次元設計データを基にMC/MG用の施工データを作成します(ICT建設機械各メーカー様に対応できます)。

ICT施工・管理

MC/MG技術を搭載した建設機械が、適切な施工精度を有しているかを確認する必要があるため、ブルドーザの排土板やバックホウの姿勢、バケット角度の位置をTS等で測定します。

MC/MG技術では、現場での施工状況を確認できる目印が少なくなるため、チェックできる目印(丁張等)や確認用の基準点を設置します。

ICT建設機械で施工した地盤高データを用いて、出来高の管理を行いながら、TSやGNSSの計測データを施工データに反映させ、即時にICT建設機械に転送させることが可能です。

出来形・検査

UAV(ドローン)や3Dレーザースキャナーを用いて、3次元出来形データを取得します(現場条件に応じて使い分けて使用します)。

点群処理ソフトにより、計画面との差をヒートマップ表示により可視化し、出来形観測アプリケーションと連動して、出来形管理帳票に出力します(※ご使用のソフトにより出力できない場合があります)。

 

情報化施工において最も重要なことは、MC/MG機械を利用することから、無線通信における障害が発生しないことです。TSを用いるシステムとGNSSを用いるシステムとでは、計測機器の特徴により適用可能な地形条件が異なるため、当該現場の条件を十分に確認する必要があります。

Landvate(ランヴェイト)では、計測障害の事前調査から測量、3次元データ作成、施工出来形管理まで、トータルにサポートいたします。また、起工測量のみ画像処理・解析のみのご依頼もお受けできます。お問い合わせ・ご相談をお待ちしております。

Jared Veldheer Jersey Colby Wadman Authentic Jersey