UAV・3Dレーザースキャナー測量

建築・重要文化財建設物

増築、改築のための基礎データとして、現在の建築物や重要文化財建設物を幾何学的に正確に記録し、図面作成ができます。

重要文化財建設物の修復や管理を行うため、3D化して完全で詳細なデータを取得します。

橋梁・高架

UAV(ドローン)を用いて計測することもできますが、ドローンが飛行できない箇所やより高精度なデータを取得したい場合に、3Dレーザースキャナーを使用します。

従来であれば、簡単な点検においても足場を組まざるを得なかった場所でも、簡単に橋梁の歪み、沈下などの劣化状況を計測できます。

トンネル

大量の点群を「面」的に取得でき、構造が曲面の場所でも正確に3Dデータにすることができます。今後施工する設計データとの比較や、定期的計測時の変位計測もすることができます。

スピーディーに計測できるため、最低限の日程で作業を終えることができ、またデータ取得後は、任意な位置でのトンネル断面を作成することもできます。

土の採取現場・宅地造成における土の切盛など

UAV(ドローン)を用いて計測することもできますが、ドローンが飛行できない箇所や、死角になって計測できない箇所のデータの補完を目的として計測する場合、またはより高精度なデータを取得したい場合に3Dレーザースキャナーを使用します。

現況地形を計測する際、UAV(ドローン)を用いて計測した3Dデータと比較して、精度の高い地形データが得られることから正確な土量を算出できます。

災害調査・防災対策

UAV(ドローン)を用いて計測することもできますが、ドローンが飛行できない箇所や死角になって計測できない箇所のデータの補完を目的として計測する場合、またはより高精度なデータを取得したい場合に3Dレーザースキャナーを使用します。

現況地形を計測する際、UAV(ドローン)を用いて計測した3Dデータと比較して、精度の高い地形データが得られることから、正確な土量を算出できます。

災害によって崩れた法面や、老朽化した法枠などを計測したデータを基に、修復やメンテナンスすることが可能となります。また、今後の防災対策にも活用することができます。

 

UAV・3Dレーザースキャナーは、まだまだいろいろな分野で使用できる可能性をもっています。皆様が「こんな事業にも利用ができるのか?」というご質問も、随時お受けしておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。誠意をもって対応させていただきます。

Jared Veldheer Jersey Colby Wadman Authentic Jersey